自然体ラーメン娘・在原みゆ紀さんに注目!の929号

  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┏━┫ 週刊 自転車ツーキニスト ”Weekly Bicycle Tourkinist” ┣━┓
┃ ┗┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳┛ ┃
┗━━┛                          ┗━━┛
     自然体ラーメン娘・在原みゆ紀さんに注目!の929号

■『出前館』CMの、誰この子?

 コロナコロナでウーバーと並んでウハウハの(なのか?)『出前館』というやつですが、その出前館、昨今のCMって観たことあります?
 浜ちゃんが『スーダラ節』歌い踊ってるやつじゃないよ。
 浜ちゃんがアパートにラーメン届けにきて、女の子がそれを食べるやつ。

【出前館のラーメン娘】
https://www.youtube.com/watch?v=00gdemFlVy4

 この女の子、なんだかタレントさんらしからぬ自然な演技、雰囲気で、ちょっといい感じじゃないですか。
 私は個人的にものすごく「好感度高し!」でして、つい先日(収録の)私のラジオ番組『ミラクルサイクルライフ』に出てもらったわけですよ。

■元競輪選手の娘!

 彼女、じつは元競輪選手の娘で、在原みゆ紀さんといいます。お父さんは在原和浩さん。82年5月にデビュー。8年前に50歳で引退されてます。

【選手プロフィール/KEIRIN.JP】
http://keirin.jp/pc/racerprofile?snum=010411

 ということで、お父さんの件だけでも、自転車番組「ミラクル・サイクル・ライフ」に出る必然性は大いにあったわけなんだけど、本人自身も自転車マニア。職業モデルさんです。小さい頃からGTのマウンテンバイク、ピナレロのロードと乗り継ぎ、現在はジェイミスのグラベルロードに乗ってるそうで。
 なるほど、自転車系のモデル。
 ふむ……(何か含むとこあり・後述)。
 
 実際にお会いしてみると、こりゃ驚いた、もうトークもいけるし、笑顔かわいらしく、ふにゃんとした癒やし系のオヤジキラーぶりに、もうワタシクはメロメロになってしまいました。
 アタマの回転もはやく、喋ってることが楽しく面白い。空気も読めるし、自然体な感じがよろしい。こりゃ単にモデルというだけじゃなく、バラエティでイケるじゃん。

■「自然体」の罠!

 じつはワタシク、自転車系のモデルさんというものには、かなりの偏見というか、冷汗感というか、苦手意識を持っておりましてね。
 だって、自転車系のモデルさんって、なんかイメージとして、トライアスロンやってて、細マッチョで、ストイックで、意識高い系というか、チキンナゲット食ってたら怒られそうというか、笑顔なのに目が笑ってないってか、要するに「恐い女」って感じあるじゃないですか。私はそういう偏見(←ホント偏見だ)を大いに持ってるもんで、なんか自転車がらみのモデルさんってゆーと、どっか身構えちゃうわけですよ。
 おまけに自然体(笑)。
 そういう恐い方々に、この「自然体」ってのが加わりますとね、もうこれは「自然体を演じる不自然さ」丸出しの、そうすか、私らしさが大切すか、そりゃもう自然けっこう、ビーガンすか、マシンガンすか、みたいな感じになるじゃないですか。ならない? なるのはおれだけ? そりゃすまんかったね。でもなるのよ、ワタシクは。

■売れて欲しいなぁ、いや、売れるだろうなぁ

 と・こ・ろ・が、彼女はまるで違う。肩の力が抜けてて、じつに自然で、アタマがよくて、話してて楽しくて、じつにいい。趣味は町中華めぐり! リプトン紅茶を瓶に入れて飲む!
 というわけで、現在、知り合いのPがやってる番組とか、自転車雑誌とかに、勝手に、頼まれもしないのに、売り込み中なのであります。というのか、この子は売れると思う。アドリブトークがイケてる。
 私のラジオ、7年ほど前(売れる前の)小島瑠璃子さんに出てもらったことがあるんですが、そのときも「あれま、この子は売れそう」と思いました。それ以来の「売れそう!」なのですよ。ヒキタ的には。

【TBSラジオ「ミラクル・サイクル・ライフ」在原みゆ紀さんの回は12/6(東京)12/7(大阪)】
https://www.tbsradio.jp/cycle-r/


【ヒキタ解釈のオススメ本(たまに非オススメあり)】

『かわうその自転車屋さん8』こやまけいこ著 芳文社

 わ、もう8巻か。
 今回いいのは、表紙にもなってる銭湯の回だな。大丸湯。
 雨の日ツーリングの後に、みんなで銭湯に立ち寄って極楽極楽なわけだ。ああ、いいな。これ分かるな。
 じつは私には『銭湯の時間』『自転車とろろん銭湯記』という銭湯がらみの著書がありまして、よけい分かるのであります(笑)。
 主人公たちがみんな動物だから、男湯と女湯の区別なし。いや、あるのか。ワカラン。そのあたりボカしてある。でも、全員が「温泉に入るニホンザル」という風情で自然だね。いいね動物マンガ。
 それにしても、こういう銭湯ってありじゃん。
 ロードバイクの置き場がある銭湯。あったら行きたいね。どこか作ってくれんかな。その銭湯めがけてポタリング、なんてのもアリだな。


【ヒキタ関連Kindle本】
「平成バブル物語 ~60年代生まれのための東京バブストーリー~」(田崎仁志著)
https://www.amazon.co.jp/dp/B07GWRJPZH/
「津波から自転車で逃げられるか」疋田智著・NPO自転車活用推進研究会編集
https://www.amazon.co.jp/dp/B07JCXPGGL

【ヒキタ最新刊】
「新・自転車“道交法”BOOK」自転車活用推進法が分かる! 木世(えい)出版社
https://www.amazon.co.jp/dp/4777946207
「電動アシスト自転車を使いつくす本」東京書籍
https://www.amazon.co.jp/dp/4487809878

【好評既刊本】
「自転車“道交法”BOOK」小林成基(NPO自活研)と共著 こやまけいこ:イラスト 木世(えい)出版社
「だって、自転車しかないじゃない」朝日文庫
「おやこで自転車 はじめてブック」疋田智監修 ぼちぼち自転車くらぶ著 子どもの未来社
「明るい自転車質問室」(ドロンジョーヌ恩田と共著)東京書籍
「自転車 困った時の即効お助けマニュアル」成美堂出版
「自転車ツーキニストの作法」SoftBank新書
「ものぐさ自転車の悦楽」マガジンハウス
「自転車会議!」(片山右京・勝間和代・今中大介・谷垣禎一と共著)PHP研究所
「自転車の安全鉄則」朝日新書
「今すぐ使えるクロスバイク図解マニュアル」大泉書店
「ロードバイクで歴史旅」木世(えい)出版社
「自転車をめぐる冒険」「同・誘惑」(ドロンジョーヌ恩田と共著)東京書籍
「それでも自転車に乗り続ける7つの理由」朝日新聞出版
「自転車生活の愉しみ」朝日新聞出版
「天下を獲り損ねた男たち(続・日本史の旅は自転車に限る!)」木世(えい)出版社
「自転車とろろん銭湯記」ハヤカワ文庫
 いずれも好評発売中。ネット内でのご注文はこちらにどうぞ。
http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss?__mk_ja_JP=%83J%83%5E%83J%83i&url=search-alias%3Dstripbooks&field-keywords=%95D%93c%92q&x=0&y=0

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です