新聞椅子取りゲームの916号

  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┏━┫ 週刊 自転車ツーキニスト ”Weekly Bicycle Tourkinist” ┣━┓
┃ ┗┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳┛ ┃
┗━━┛                          ┗━━┛
          新聞椅子取りゲームの917号

■前号のつづきで新聞攻防戦

 このところ、メルマガが滞っておりますが、みなさまお元気ですか。
 と、そういうわけで、新聞紙がなくなる、ひいては新聞がなくなる危惧の前号でありましたが、どうなんだろう「そもそも全国紙の数が多すぎる」と、誰もが思い始めているのが昨今ではあるまいか、なんて思うわけだ。
 地方紙はそれぞれ別事情があって、それぞれに強みや弱みがあり、需要があったりする。
 しかし、全国紙(一部ブロック紙)はなぁ。
 ……でね、ここからはまったくの憶測なんだけど、昨今、新聞の論調が少しずつ少しずつ過激になってきているのは、そのあたりに理由があるんではないかと、私はにらんでいるのよ。
 特に「東京」と「毎日」。

■椅子取りゲームに勝者はいない

 現在の首都圏の新聞事情って「どんどん少なくなる椅子を奪い合う椅子取りゲーム」に例えられると思うわけ。
 宅配の新聞をとっている、という世帯は今や減る一方だ。もはや高齢世帯しか新聞をとらない。その高齢世帯が日々減っている。
 駅売りの新聞なども惨憺たる有様だし(みんなスマホで忙しい)コンビニの新聞スタンドなんて、注意して見てると分かるよ。朝、スタンドに並んでた新聞が、夕方もほぼ同じ数、残ってる。
 なんてこと。
 私としては(本気で)寂しさつのるばかりなんだが、状況に変化はない。
 でね、毎日新聞と東京新聞(首都圏)が、このところ「ヒステリックなまでに市民派」でしょ。あれこそが椅子取りゲームの必然だと思うわけ。
 イデオロギーの路線を次の5つ、つまり(1)保守、(2)穏健保守、(3)中道、(4)穏健革新、(5)革新、に分けるなら、それぞれ座るべき新聞社は、順番に(1)産経、(2)読売、(3)日経、(4)朝日、だろう。ホントに穏健か? とか、中道か? とか、異論はあるだろうけれど、順番自体はまあ妥当なところだと思う。
 そして、問題はラストの(5)革新だ。
 ここだけ椅子はひとつしかないのに、その椅子を狙ってる新聞が2つある。
 で、その椅子はじつは小さい。その一番小さな椅子を毎日と東京が取り合ってる。

■原発であてた先例

 じつはここには伏線があって、9年前の大震災以降、東京新聞が「過激な反原発」を打ったわけだ。
 他紙が大なり小なり「電力、地元の振興、なにがしのしがらみ、色んな事情がありながら、しかし、総合して反原発(あるいは親原発)」というインテリ的路線をとる中、東京だけは「とにかく反対」「放射能恐い」「原発ゼロへ」と、問答無用の姿勢に徹した。
 インテリ路線をかなぐり捨て、旗幟鮮明にしたわけだ。
 ところが、これがウケた。
 各紙、構造的に部数を減らす中で、東京新聞の反原発路線は部数微増につながった。いや微増つって、全体が激減する中だから、大勝利だったわけですよ。
 この反原発が反体制路線になり、その後の政権交代で、人権的、左翼的、そしてある意味プロ市民的になった。
 それを見て焦ったのが毎日新聞だ。

■最後の椅子はどちらに?

 毎日新聞といえば、日本最古の日刊新聞であり、三大新聞の一角だった。しかし、昨今の部数減に歯止めがかからない。同じ左派3紙の中でも、王者・朝日の背中は見えなくなっていくばかりだ。
 そこに東京新聞の路線。「ヒントはここにあり」とばかりと同じ路線に飛び込んだ。
 それまでの「議論ある新聞」路線を捨て、ラス1の革新椅子を狙うことにしたわけだ。
 もちろん両紙、エッジをきかそうとする。その必然で、だんだん「けっこう革新」になり「スゴく革新」になり「ウルトラ革新」になってきてる。もう路線はエスカレートする一方で、もう両者チキンレースなのだ。今や朝日がマイルドに見えるくらいだよ。
 というわけで、今この2紙を読んでみると(特に東京は)赤旗とあまり区別がつきませんぜ。
 うーん、そのうち「ですます調」になるかもしれん。


【ヒキタ解釈のオススメ本(たまに非オススメあり)】

『国家破産は恐くない』橘玲著 講談社+α文庫

 タイトルは「お客さんいらっしゃい」なタイトルだけど、筆者らしい「身も蓋もない」ご指摘で、なるほど今後の家計戦略はこうあれ、と教えてくれる。
 筆者は「未来に必ず、高金利・円安・高インフレのアナザーワールドがやってくる」と説く。
 うん、その通りだと思う。私も同意するが、問題なのはそれがいつからかだ。
 すぐかもしれないし、もしかしたら我々が死んだあとかもしれない。そりゃ分からんな。ましてはコロナ後の世界(本書は2013年に書かれ、17年に文庫化された)どうなるか見当もつかん。
 ただ、橘氏のいつもの筆致と同じく、本書も「原理原則に忠実」「身も蓋もない現実がベース」だから、たどる道にでこぼこはあれ、指し示している方向性はたしかだ。
 普通預金、国債、外貨預金、株、土地、金……、さてどうしましょう。それぞれに「買いポジション」と「売りポジション」があるのがミソです。


【ヒキタ関連Kindle本】
「平成バブル物語 ~60年代生まれのための東京バブストーリー~」(田崎仁志著)
https://www.amazon.co.jp/dp/B07GWRJPZH/
「津波から自転車で逃げられるか」疋田智著・NPO自転車活用推進研究会編集
https://www.amazon.co.jp/dp/B07JCXPGGL

【ヒキタ最新刊】
「新・自転車“道交法”BOOK」自転車活用推進法が分かる! 木世(えい)出版社
https://www.amazon.co.jp/dp/4777946207
「電動アシスト自転車を使いつくす本」東京書籍
https://www.amazon.co.jp/dp/4487809878

【好評既刊本】
「自転車“道交法”BOOK」小林成基(NPO自活研)と共著 こやまけいこ:イラスト 木世(えい)出版社
「だって、自転車しかないじゃない」朝日文庫
「おやこで自転車 はじめてブック」疋田智監修 ぼちぼち自転車くらぶ著 子どもの未来社
「明るい自転車質問室」(ドロンジョーヌ恩田と共著)東京書籍
「自転車 困った時の即効お助けマニュアル」成美堂出版
「自転車ツーキニストの作法」SoftBank新書
「ものぐさ自転車の悦楽」マガジンハウス
「自転車会議!」(片山右京・勝間和代・今中大介・谷垣禎一と共著)PHP研究所
「自転車の安全鉄則」朝日新書
「今すぐ使えるクロスバイク図解マニュアル」大泉書店
「ロードバイクで歴史旅」木世(えい)出版社
「自転車をめぐる冒険」「同・誘惑」(ドロンジョーヌ恩田と共著)東京書籍
「それでも自転車に乗り続ける7つの理由」朝日新聞出版
「自転車生活の愉しみ」朝日新聞出版
「天下を獲り損ねた男たち(続・日本史の旅は自転車に限る!)」木世(えい)出版社
「自転車とろろん銭湯記」ハヤカワ文庫
 いずれも好評発売中。ネット内でのご注文はこちらにどうぞ。
http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss?__mk_ja_JP=%83J%83%5E%83J%83i&url=search-alias%3Dstripbooks&field-keywords=%95D%93c%92q&x=0&y=0

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です