「エレキギターの生音」という不思議な世界の927号

  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┏━┫ 週刊 自転車ツーキニスト ”Weekly Bicycle Tourkinist” ┣━┓
┃ ┗┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳┛ ┃
┗━━┛                          ┗━━┛
     「エレキギターの生音」という不思議な世界の927号

■何だかんだでボンヤリと忙しい

 ご承知の方はご承知でしょうが、ツーキニスト疋田、テレビ、自転車、都市工学研究、ほか、と、小さなワラジを何足も履いているもんで、昨今、日々ぼんやりと忙しいわけです。
 メルマガもぼんやりと、……こんなに間があいてしまいますた。
 申し訳ないっす。ヒキタ生きてるっす。

 というわけで、最近、家でのほんの少しの息抜きというと、パパ部屋のオーディオで、昔のロック(洋楽ってやつだ)やらを、アナログーゥゥゥなスタイルで聴くというのが楽しみなんですけどね。
 愛用のYAMAHAのスピーカー「NS-10M」と「NS-100M」と「NS-1000M」が、そのときの気分で鳴りまくるわけです。
 どうです、黒地に白コーン「昭和の定番」スピーカー、10と100と1000の三兄弟すべてを持ってる人なんて滅多にいないだろ、えっへん。
 ……って、ま、普通はいませんわな、そんな似たようなスピーカーを大きさごとに3つも持ってるなんて(笑)。
 クルマにたとえると「ウチには、トヨタのカローラ(白)とマークツー(白)とクラウン(白)があるんだぜ!」と威張ってるようなもんだ。なんともアホなラインナップ(笑)。

【NS-10M】
https://audio-heritage.jp/YAMAHA/speaker/ns-10m.html
【NS-100M】
https://audio-heritage.jp/YAMAHA/speaker/ns-100m.html
【NS-1000Monitor】
https://audio-heritage.jp/YAMAHA/speaker/ns-1000m.html
 
■エレキギターの生音、という不思議な世界

 とまあ、そういう歪(いびつ)なオーディオライフを送ってるワタシクではありますが、以前から不思議に思ってたことがある。
 上記のヤマハのスピーカーは、いずれも「定位がいい(楽器の場所がしっかり定まる)」「生音がそのまま出る」というのが美点でね。目をつむると、そこにミュージシャンがいて、今まさにそこで弾いてる! という感じが快感。
 で、70年、80年代の洋楽の場合、ボーカル以外の主役はもちろんエレキギターなわけですね。
 で、ストラトキャスターか、テレキャスター、レスポールあたりの渋くも乾いた音色(または逆に、泣きの湿った音色とか)が真ん中左あたりにピタリとキマる、というのが、快感なワケですよ。
 
 ……じゃが、あれ?
 それがアコギやら、ピアノやら、サックスなどなら、まあ分かる。そこに奏者がいて、そこから音が出るわけだから。
 でも、エレキの場合は、ギターからコードが伸びて、エフェクターを通って、アンプを通って、スピーカーから出るわけですよ。
 弦の音そのものじゃない。それを電気信号に変え、加工、増幅してはじめてエレキギターの音になる。
 じゃ、エレキギターの音は「どこをとれば」生音なわけ?

■そもそもCDの録音からして

 実際にレコーディングではどうするかというと、ギターアンプのライン出力(つまりスピーカーの直前)から出すこともあれば、ギターアンプのスピーカー前にマイクを立てることもある(マイキングという)。
 以前で言うなら、多数派は後者、つまりスピーカー経由だったんだそうな。
 もちろん最近はライン録音もかなり増えているらしい。

【参考:エレキギターのレコーディング方法】
https://studio.orque.jp/column/column_recgakki_03.html

 しかしながら、色々調べていくと、ライン録音は冷たい、音が単調でベタッとしたものになりがち、など、色々批判もあったりする。
 対してマイキングの場合、スピーカーと、そのまわりの空気感を含めての音が録れる、それこそがエレキの音で「それがいいのだ」という。そう言われるとそうかもしれん。私のようなおやじ世代は納得だ。
 ただ、若い人たちにとっては「ラインの方が音がいい」というのは常識だそうで、不純物がなく純粋にエレキの音になるという。当然と言えば当然だ。
 ただ、このあたり、考えれば考えるほど次第によく分からなくなってくる。
 そもそも「エレキギターの音がいい」って、どんな状態? ってね。なんか根源的な疑問に行き着くわけよ。

■音を歪ませて「音がいい!」

 たとえばエフェクターの種類の中に、有名な「ディストーション」というのがあるんだけど、これって、人為的に音を歪(ひず)ませて、それが「音がいいっ!シビれる!」になるわけでね。
 普通に言って、オーディオ的には「電気信号が過多でオーバードライブして歪んだ音が出る」というのは、「音が悪い」そのものなわけで(笑)こうなると「音が悪いのが音が良い」というワケの分からない状態になる。
 もう「原音再生の善し悪し」とか何のことやらと飛び越えて「音がいいって結局なに?」になってしまうわけ。
 話は哲学の域に飛び込んでしまうのだ(笑)。

 さらに言うなら、そうしたエレキギターの音を「生音」ではなく、じつはオーディオ再生の音で聴くのが、私など(そしてオーディオマニア)には快感だったりするわけ。
 実際にコンサートで聴くより、自分のオーディオセットで聴いた方が音がいい。というのか、そっちの音の方が好き。
 じかに聴くより、オーディオルームで「うきょー、本物みたいだぁぁぁ!」と感動してる方が好きなんだわ。
 いわば「ニセモノの方が好き」、しかも「限りなく本物に近いニセモノが好き」という(笑)。

■カップ焼きそば主義

 なんだろうなぁ、オーディオマニアってのは、なかなか業の深いマニアではあるな。
 強いて言うなら、オーディオは「カップ焼きそば」なのかもしれない。
 カップ焼きそば。
 お湯を注いで3分で捨て、香ばしくも旨い焼きそばのできあがり、まるで本物の焼きそばのようだね……って、でも、カップ焼きそばはカップ焼きそばである以上、焼いてはいないわけですよ。
 つまり存在そのものが「絶対に本物にはなり得ない」という根本的矛盾を抱えてる。
 それなのに、限りなく本物に近づきつつあり、実際にカップ焼きそばは、カップ焼きそばとして、ウマいわけだ。
 うーん、オーディオマニア=カップ焼きそばマニア。
 ホントにそうなのかどうかは知らんがね。
 故長岡鉄男大先生なら、どう答えられただろうか。


【ヒキタ解釈のオススメ本(たまに非オススメあり)】

『自転車通勤完全ガイド』サイクルスポーツ特別編集 八重洲出版

 自転車通勤をこれから始める人に、という完全ガイド初心者本。
 これはマジ売れて欲しいなぁ。
 だってね、みんながこれ読んで自転車通勤をするなら、昨今の迷惑自転車ツーキニストが一掃できると思うから
 私は60ページから出てきます。安全確実な基本的走行テクニック。要するに道交法上、自転車はどう定められているかの解説と、自分の身をどう守るかのテクニックです。


【ヒキタ関連Kindle本】
「平成バブル物語 ~60年代生まれのための東京バブストーリー~」(田崎仁志著)
https://www.amazon.co.jp/dp/B07GWRJPZH/
「津波から自転車で逃げられるか」疋田智著・NPO自転車活用推進研究会編集
https://www.amazon.co.jp/dp/B07JCXPGGL

【ヒキタ最新刊】
「新・自転車“道交法”BOOK」自転車活用推進法が分かる! 木世(えい)出版社
https://www.amazon.co.jp/dp/4777946207
「電動アシスト自転車を使いつくす本」東京書籍
https://www.amazon.co.jp/dp/4487809878

【好評既刊本】
「自転車“道交法”BOOK」小林成基(NPO自活研)と共著 こやまけいこ:イラスト 木世(えい)出版社
「だって、自転車しかないじゃない」朝日文庫
「おやこで自転車 はじめてブック」疋田智監修 ぼちぼち自転車くらぶ著 子どもの未来社
「明るい自転車質問室」(ドロンジョーヌ恩田と共著)東京書籍
「自転車 困った時の即効お助けマニュアル」成美堂出版
「自転車ツーキニストの作法」SoftBank新書
「ものぐさ自転車の悦楽」マガジンハウス
「自転車会議!」(片山右京・勝間和代・今中大介・谷垣禎一と共著)PHP研究所
「自転車の安全鉄則」朝日新書
「今すぐ使えるクロスバイク図解マニュアル」大泉書店
「ロードバイクで歴史旅」木世(えい)出版社
「自転車をめぐる冒険」「同・誘惑」(ドロンジョーヌ恩田と共著)東京書籍
「それでも自転車に乗り続ける7つの理由」朝日新聞出版
「自転車生活の愉しみ」朝日新聞出版
「天下を獲り損ねた男たち(続・日本史の旅は自転車に限る!)」木世(えい)出版社
「自転車とろろん銭湯記」ハヤカワ文庫
 いずれも好評発売中。ネット内でのご注文はこちらにどうぞ。
http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss?__mk_ja_JP=%83J%83%5E%83J%83i&url=search-alias%3Dstripbooks&field-keywords=%95D%93c%92q&x=0&y=0

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です