我々の「根暗で排他的でクソつまんねー国民性」が日本を救うかも

 ワタシクは、これ(下記リンク先)けっこう正しいのではないかと思うのです。
 まあね「日本語の特性」というだけじゃなくてね。
 握手とかハグとか人と触れあう習慣を持たず、常にボソボソ喋り、うつむきがちで、身振り手振りも超小ぶりで、マスクに抵抗がなく、人によっては意味なくマスクをつけ(”だてマスク”という言葉すらある)、人見知りで、知らない余所者をことのほか危険視し、知ってる人でも以心伝心で、つまりは無口なムラ社会で…。
 要するに我々日本人の根暗で排他的でクソつまんねー国民性が、超ポジティブにあらわれた結果だと思うのですよ。
 いえ、私ももちろんそのひとりなんですけど(^0^;)。
 違いますかね(笑)。

■マイクロ飛沫ーわが国で感染爆発がおきてないミステリーは、日本語という言語特性にあった■

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です